【海外マンガ】必見!人気急上昇のおすすめ外国人漫画家9選

はじめに

 

世界中を魅了する日本のマンガやアニメ。今回の記事では、人気急上昇中の「外国人漫画家」の皆さんをご紹介!

 

Mr.ウィリアム

マンガ、コミック、カートゥーン、さらに映像作品ではアニメ、アニメーションなど世界では様々なワードが使用されていますが、皆さんはこれらの違いをご存じでしょうか?詳細を知りたい方は先にこちらの記事をご覧ください。

 

【永久保存版】人気アニメの英語タイトル一覧!プチ情報も盛り沢山

 

ここで簡単にまとめると、こうした違いになります。

 

  • マンガ・・(日本の出版物)ワンピース、ナルト、鬼滅の刃など
  • アニメ・・(日本の映像作品)ワンピース、ナルト、鬼滅の刃など
  • アニメーション・・(映像)ディズニー、ピクサー、スポンジボブなど
  • コミック・・(出版物)スパイダーマン、バットマンなど
  • カートゥーン・・アートスタイル。新聞や雑誌などに掲載される風刺画などもカートゥーンと呼ばれる。

 

今回ご紹介するのは海外の漫画家の皆さん、つまりマンガやアニメなどの日本作品にインスパイアされた8カ国9名の漫画家(マンガアーティスト)の皆さんをご紹介いたします。

 

最近では日本へ漫画留学する方々も増えているようです。今回ご紹介する漫画家さんたちの作品は、無料で読めるものもあるので要チェックです!!

ジョナサン

韓国・ソウル出身で、現在は週刊少年ジャンプで「Dr.STONE」を連載する人気漫画家です。元々は韓国で活動をしていましたが、2004年から日本の漫画誌の連載を始めました。Boichiさんは、現在最も日本で有名な外国人漫画家の一人です。

 

代表作のDr.STONEは人類が石化してしまった世界の中で、超人的な知能を持つ千空と、体力が自慢の熱血少年、大樹がゼロから文明を作っていくアドベンチャーストーリーです。迫力のある非常に高い画力が評価を受けており、ジャンプの看板作品の一つとなっています。原作を日本人の稲垣理一郎さん、作画をBoichiさんが担当しています。

 

作品はアニメ化もされており現在シーズン1まで公開されています。初めのエピソードからワクワクが止まらないストーリー展開があり、観ればみるほど続きが気になってしまう作品です。千空の博識ぶりは凄まじく、こんな風に文明は進化していくのかと驚きがたくさんです。

 

全く予想のできない物語が詰まったDr.STONE。シーズン2は2021年1月から放送予定です。気になる方はぜひhuluでチェックしてみてくださいね。とりあえず第1話を観てみましょう!僕が今最も一押しの作品です!

ジョナサン

Hulu


2. パク・テジュン(韓国)

韓国には日本のジャンプ、マガジンなどのような漫画誌はなく、WEBTOONと呼ばれるオンラインコミックが主流となっています。パクさんの看板作品の一つでもある「外見至上主義」は日本ではLINEマンガから無料で読むことができます。

 

Mr.ウィリアム

外見至上主義は、いじめられっ子の冴えない高校生がある日突然容姿端麗な高校生へ変身を遂げ、これまでとは180度異なる高校生活を送っていくストーリーです。日本とは異なる韓国文化も味わえ、痛快な内容の作品です。

 

ちなみに作者のパクさんは、元モデルから漫画家へ転身したという華やかな経歴も注目されております。

 




美しく繊細なタッチが魅力の漫画家。代表作「ワケあり薬師の万覚帳」は、食人鬼に心臓を食べられてしまった薬師の主人公と、蛇から人の姿へ形を変えた青年のファンタジーストーリー。

 

舞台は中華風ですが、絵のタッチやセリフ回し等は非常に日本的なので、事前に知らなければ多くの人が日本人漫画家の作品と思うかもしれません。美しく可愛らしい絵柄が好みの方におすすめです!

ジョナサン

 


4. オーサ・イェークストロム(スウェーデン)

作者のオーサさんは、13歳の頃セーラームーンを見て衝撃を受けて以降様々な漫画にハマり、2011年には日本へ移住。2014年からはブログで4コマ漫画を公開し、徐々に話題を呼びました。

 

人気のエッセイ漫画「北欧女子オーサが見つけた日本の不思議」では外国人ならではの視点で、日本で起きたおもしろ体験談や日常生活など、自身の実体験を描いています。癒しが欲しい時に読みたくなるほのぼの系マンガですね。

ジョナサン

 


5. トニー・ヴァレント(フランス)

フランスやベルギーではコミックは「バンド・デシネ」と呼ばれ、ここ数年で一気に世界の人気を集めています。フランスで活躍するトニーさんは日本のマンガのスタイルで描かれた「ラディアン」の作者。ドラゴンボール等の作品に影響を受け育ったと語っています。

 

ワンパンマンの作者でもある村田雄介先生も絶賛する「ラディアン」は、主人公で魔法使い見習いのセトが新しい仲間たちと共に旅へ出る、冒険ファンタジーストーリー。

 

Mr.ウィリアム

フランスのみならず日本でも人気を誇り、アニメ化もされています。1シーズン21話で、現在は第2シーズンまで公開されています。Dr.STONE同様にHuluで全話視聴可能です。

 

Dr.STONEは原作が日本人、週刊少年ジャンプに掲載しているという事もあり、日本作品として扱われておりますが、ラディアンは完全なる海外作品です。外国人作者のアニメはまだ非常に少ないので、ぜひ日本人作者のアニメとの違いを楽しんでみてはいかがでしょうか。

 

Hulu

 


6. カロリン・エックハルト(ドイツ)

小学生の頃に日本の漫画に衝撃を受け、13歳から日本語の勉強を始めたカロリンさんは、17歳の頃に北海道の高校へ留学。ドイツの高校を卒業後には札幌マンガ・アニメ学院に入学し、2012年に「奥さま Guten Tag!」でデビューしました。

 

Mr.ウィリアム

となりのヤングジャンプに掲載されたこの作品では、ドイツ人&日本人の国際結婚をテーマにした物語が繰り広げられます。ドイツ文化や国際結婚に興味がある方におすすめの作品です。

 





7. ペッペ(イタリア)

漫画が話題を呼び、作者に注目が集まるのが通常の流れですが、こちらの漫画は作者が先に有名になりました。作者のペッペさんは日本の番組テラスハウスに出演していたのです。番組を視聴していたファンの方々は漫画よりも作者のキャラクターをよく知っているかもしれません。

 

代表作「ミンゴ イタリア人がみんなモテると思うなよ」は、日本のオタク文化を愛するイタリア人のミンゴが東京でモデルにスカウトされるストーリー。「外国人視点の日本」を知ることができるマンガの一つです。

 

イタリアではアニメやマンガが非常に人気で、絵描きが趣味のイタリア人も多いので、今後人気作品が生まれることが期待できます!

ジョナサン

 

 

ちなみにNNWではイタリアを中心に世界のさまざまな情報を配信しているので、興味がある方はこちらもご覧ください。

イタリアの猫カフェに行ってみた。日本の猫カフェとの違いとは? イタリア人のように人生を楽しんで生きるには?イタリア流ポジティブ思考の秘訣

8.モクタン・アンジェロ(ブラジル)

エキゾチックで陰のある画風が目をひきます。哲学的で作家性の強い個性的な物語が特徴。モクタンさんは14歳の頃に日本漫画に感銘を受け漫画家になる事を決意しました。漫画と日本語を勉強し、2007年東京造形大学大学院に留学。卒業後はIT企業に5年間勤務し、日本の昔話を現代風にアレンジしたシリーズで漫画家デビューしました。

 

代表作は文化庁メディア芸術祭のマンガ部門で審査委員会推薦作品に選ばれた「レオノーラの猛獣刑」です。その他nippon.comでは難解な禅語の意味を分かりやすく理解するための紙芝居風短編マンガを無料公開しています。

 

Mr.ウィリアム

日本人よりも日本を深く理解するモクタンさんの作品をぜひご覧ください。粋な作品ばかりです。

 

 


日本に6年以上も住んでいたという経歴のあるのコシタさんですが、現在はロシアへ帰国し、モスクワから漫画家活動をしています。

 

代表作は2016年から2017年に公開された「めぐみの恋愛事件簿」で、先が読めない不思議な展開のラブコメディです。現在漫画を読めるWEBサイトはcomicoしかありませんが、ラブコメ好きの皆さんはぜひチェックしてみましょう。2020年はさらに画力も上がっており、イラストが美しくなっているので今後の活躍に大注目です。

 

Mr.ウィリアム

以上、人気急上昇中の外国人漫画家9名の皆さんをご紹介しました。今後のご活躍に乞うご期待です。
さらに無料マンガを読みたいかたはebook japanもチェックしてみましょう。なんと無料マンガが2000冊以上もあり、会員登録なしでそのまま読めます!

 

30~50%のセール品も多くあり、PayPayでの支払いができるので、クレジットカードのように使いすぎにも注意できますね。ぜひ試してみてくださいね!

ジョナサン




▼他の記事を合わせてチェック!

【海外の反応】鬼滅の刃は海外でも大人気?!世界各国の評価をご紹介! 【海外の反応】なぜ日本のアニメは人気?世界で高く評価されている理由とは 海外の反応まとめシリーズ