NEW : 花留学のきっかけ&海外の花屋で働く

イタリアの猫カフェに行ってみた。日本の猫カフェとの違いとは?

猫好きの聖地「猫カフェ」

 

今や社会現象化している日本の人気スポットといえば「猫カフェ」。猫好きの皆さんにとってはまるで天国のように至高の時間を味わえる場所です。猫カフェは日本を代表するスポットと思われていますが、実は世界にも猫カフェが増えつつあります。

 

私も猫好きの一人として、今まで都内の猫カフェを何件か訪れましたが、今回ははじめてイタリア・トリノにある猫カフェに行ってみました。

 

なんと猫カフェとは言っても、イタリアの猫カフェは日本とは大きく異なる驚きの点がたくさんあったので今回皆さんにお伝えしようと思います。

 

今回訪れた猫カフェは?

 

今回私たちが訪れたカフェはイタリアのトリノにある「MiaGola Caffè」です。ガラス張りになっているので外から中の様子が伺えます。かわいい猫たちが外を眺めてる姿はとても癒されます。

 

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

A post shared by Giorgio Guglielmo Federico (@_siamoaltop_) on

 

ちなみに日本の方はイタリアに行くときはローマ、ミラノやフィレンツェなど有名都市へ向かう方が多いと思いますが、トリノも建物が美しく、街全体が落ち着いた程よい都会なので非常におすすめです。

 

イタリア人の中でもトリノについてはよく「過小評価されている街」だと言われています。ミラノからそう遠くない距離にあるので、北イタリアへ行かれる方は穴場スポットが多くあるトリノへもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

店のスタッフが〇〇〇ばかり?

 

さて話題は猫カフェに戻りますが、こちらのカフェに入り、まず一番最初に驚いたことといえば、店員の方々が「男の人」ばかりだったということです。しかも結構いかつめの男の店員さんばかりでした。

 

 

私は今まで3、4件の都内の猫カフェを何回か訪れたことがありましたが、今まで男の店員の方を見たことがありません。だいたい日本の猫カフェの店員さんは、可愛らしいエプロンやメイド服の制服を着ていて、20代前半くらいの若めの女性しか見たことがありませんでした。

 

もちろん日本にも男性スタッフはいると思いますし、私もそこまでたくさん日本の猫カフェを訪れた訳ではないので一概に言えませんが、少なくとも強面の男性スタッフを日本の猫カフェで見るようなことはないかと思います。年齢も幅が広い印象でした。

 

しかしMiaGola Caffèには女性スタッフがいることは事前に情報で知っていたので、おそらく私たちが行ったタイミングがたまたま強面の男性が揃っている時間だったのかと思います。

 

 

でも私個人としてはこれはイタリアの良い点だと思っています。

 

日本は職業によって性別が偏る傾向があり、例えば日本は女性の管理職や政治家が少なかったり、猫カフェの店員は若い女性がやるものだと、一般的にどこかで決めつけられているような気もしなくありません。

 

本来は性別や年齢に関係なく、猫が好きなら誰しも猫と触れ合える場所で働けることが、とても理想的だと思います。

 

お客さんが猫に・・?!

 

もう一つの特徴としては、お客さんが猫に「集中していない」とことでした。日本の猫カフェの場合、お客さんたちは猫が自分へ近づくように必死で声をかけたり、えさをあげたり、おもちゃで釣っている印象があります。ほとんどの人は猫たちを自分の写真におさめようと必死になっています。

 

 

それに比べてイタリアのお客さんは、一緒に来た仲間との会話や食事をメインに楽しんでいるようで、完全に猫を目的としたコンセプトのカフェというよりは「カフェに来たらたまたま猫がいるカフェだった」くらいに、人々は猫を気にしておらず、猫たちは自由にその辺を歩き回ったり、寝たりしていました。

 

日本の猫カフェでは猫たちは常にいろんな人に触られ、カメラを向けられ、餌をあげる時間のパフォーマンスなどお店でもお客さんを喜ばせるためのイベント等いろいろと工夫されていますが、猫の目線で考えたとき、イタリアの猫カフェのほうがストレスが少ないのではないかと思います。

 

イタリア人は動物が好きな人が多いので、ほとんどの方は猫への接し方も理解しているのかもしれません。なので、人間の立場からすると日本に比べてイタリアの猫カフェは少し物足りないかもしれませんが、猫目線で考えるとイタリアの猫カフェのスタイルが良いのではないかと個人的に思います。

 

 

猫カフェでの大事な心構え

 

結果として、イタリアの猫カフェは日本とは大きく違いました。店舗によって違うと思いますが、日本の猫カフェはだいたい1店舗に20匹近くいたのに対し、イタリアでは6匹ほどでした。

 

私は実際のところ、イタリアの猫カフェに行った後は、あまり日本のように猫がメインではなかったので少し「物足りない」気持ちになりました。

 

 

しかし前述したように、後になって考えてみれば猫目線で考えたとき、自由気ままに過ごせるイタリアのスタイルが、猫たちにとって良い環境なのではないかと気づいたのです。

 

せめて私たちができることは、どこの国の猫カフェに行っても、無理やり猫たちの生活を邪魔したり、睡眠の妨害などせずに優しく見守ることだと思います。かわいい姿をカメラにおさめたい気持ちはわかりますが、過度に猫たちのストレスがかからないようにできるだけ気をつけましょう。

 

ペット先進国ヨーロッパと日本の違い

 

私は先日猫カフェだけではなく、イタリア・ピエモンテ州にあるキャッテリー(猫の飼育と繁殖を行っている場所)にも行ってきました。ちょうどキャッテリーでは小さなフェスティバルが行われていました。

 

ハンドメイドの猫グッズが売られている出店や、焼き栗の販売、音楽に合わせて人々はダンスをしていました。

 

※ピエモンテのキャッテリーの猫

 

フェスティバルの売上金はキャッテリーの猫たちの餌や必需品を買う資金になります。

 

イタリアでは犬猫を家族として迎えたい場合、ペットショップのようなところではなく、こうしたキャッテリーや保護施設などから引き取ったり、ブリーダーなどから迎え入れるのが一般的です。

 

※ピエモンテのキャッテリーの猫たち。みんな兄弟!

 

ヨーロッパは動物愛護先進国と呼ばれているほど、動物の愛護に力を入れています。例えばイギリスはペットに関する厳しい法律がたくさんあり、ペットショップは許可制で、ライセンスを持たないペットショップが犬猫を販売することが禁止されています。

 

 

ヨーロッパは日本のように犬猫をショーウィンドウで展示販売しているお店は珍しいのです。店頭で犬猫を見れるのは愛らしくはありますが、個人的にはあまり好きな光景ではありません。日本はペットに関しては商業感を強く出しすぎている印象があり、人間の利益目線で犬猫を扱われていることが多いのではないかと感じています。

 

日本もこの先ペットに関する環境が改善し、法律化が進んでいくことを願いたいと思います。

 

※ピエモンテのキャッテリーの猫たち。一緒に仲良く寝ています。

 

 

おまけ:マロンちゃん

 

私たちは野良猫を昨年の12月から家族に迎え入れました。昨年の夏ごろから餌をあげていたのですが、私が住んでいたところではペットが禁止されていたので家族にするまで時間がかかりました。

 

しかし冬からこの野良猫「マロンちゃん」が私の実家で飼うことになりました。

 

 

メスの三毛猫です。推定2~3歳のマロンはかわいらしい高い声で鳴きます。

 

私の実家にはすでにメスのダックスフンドがいました。マロンを連れて行った時の一番の懸念点はこの二匹が仲良くなるかどうかでした。なのですぐには会わせず、最初のころは1Fと2Fで別々に暮らし、タオルなどのにおいを嗅がせたりなどすることで徐々にお互いの存在を認識させました。

 

そしてそのうち時々会わせるようにし、一緒にごはんを食べ始め、日に日に会う頻度が増え、今ではすっかり仲良く昼寝をしています。

 

 

幸いどちらも穏やかで優しい性格なので仲良くなることができました。

 

まるでFBIのように二匹で同じ顔まで・・。

 

 

Instagramのストーリーズでも時々二匹の様子を公開しているので興味がある方はぜひご覧ください。これからもイタリアのペット事情についてもこのサイト内で随時更新していきます。ぜひ皆さんも、大切なペットや犬猫について改めて考えるきっかけにしていただければと思います。