1/21新着:【フランス留学】波乱万丈!世界一おしゃれな街でフラワー留学

人生を楽しもう!日本人が取り入れるべき世界一幸せな北欧諸国の生き方

データから読み解く日本

 

突然ですが、皆さんは現在の生活で「幸せ」を感じていますか?

 

毎年国際連合の関連団体が発表する「世界幸福度ランキング」(World Happiness Report)というものがあります。参考までに2019年版レポートの世界主要国の順位を見てみましょう。

 

 

・カナダ・・9位

・オーストラリア・・11位

・イギリス・・15位

・ドイツ・・17位

・アメリカ・・19位

・フランス・・24位

・イタリア・・36位

・韓国・・54位

・日本・・58位

 

 

156カ国もある中で日本の順位はなんと「58位」。主要国の中では断トツで最下位になっています。さらに残念なことにこのランキングでは日本は毎年順位を下げています。幸福度ランキング上位の国についてはこちらの記事もあわせてご覧ください。

 

【最新版】世界で最も幸福な国ランキング トップ10

 

幸福度ランキングは世論調査と、GDP・社会支援・平均寿命・自由度・寛容さ・腐敗度を数値化された上でランキングが決定されます。しかし皆さんご存知の通り、日本の寿命は世界一で、GDPは世界3位。治安度は世界9位と、内戦もなく核兵器を保有していない平和な国です。基本的に治安の良い国は幸福度も高い傾向にありますが、反して日本の場合は国民の幸福度は非常に低いです。

 

 

さらに2013年以降の自殺死亡率は日本はワースト6位。リトアニア、韓国、スリナム、スロベニア、ハンガリーと続き、第6位が日本。「先進国」の中では最悪の順位となっています。そして、日本は15歳から39歳の死因の第1位が自殺という衝撃の結果もでています。

 

 

 

一体なぜこのような結果になっているのでしょうか?

 

 

せっかくの一度きりの人生で多くのストレスを感じながら生きるなんて、とても残念な話ではありませんか?前述したように、日本は国が貧しい訳でもなければ、発言や行動が物理的に制御されているわけでもありません。自身の考え方を変え、勇気を出すだけで人生を変えられる環境にあるのです。実は案外簡単なことなのです。現在絶望感で心を痛めているという方も諦めず、今回ご紹介する北欧の人々の生き方を実践してみてください。

 

 

 

なぜ日本は「不幸」なのか?

 

問題を解決するには原因を知る必要があります。まずは、なぜ日本がここまで不幸になってしまったのかを探ってみましょう。

 

日本の社会において大きな問題が3つあります。

 

 

失敗が許されない

 自身の個性を発揮できない

 他人や自分を比較する

 

 

失敗が許されない

 

日本人は「完璧主義」が多く、一度の失敗も許されないという空気が存在します。他国ではあまり問題にならない事でも、日本では大きな問題に発展し、失敗した者をとことん追い詰める傾向があります。

 

日本はクレーマーが多い事でも知られていますが、レジ係が金額を打ち間違えると他の国では「大丈夫よ。失敗は誰にでもあるわ」と許されるところを、日本では「信じられない!このスーパーはどういう教育をしているの?責任者を呼んできなさい!」という人も少なくない事が、いい例かもしれません。

 

 

自身の個性を発揮できない

 

自身の個性を発揮できないことは日本の大きな問題の一つで、「空気を読む」ことが重視される日本社会では、自分の意見をストレートに表現しにくい環境になっています。人の顔色に合わせ、発言を変えている人も多いのではないでしょうか?

 

日本ではこのような風習が、幼いころから学校でも出来てしまっています。表向きは良い子どもを演じ、本来の自分を押し殺すことで子どもたちはストレスが溜まります。そんな子供たちが裏で他の子どもに対し悪口を言い、いじめに発展したりと悪循環を生んでいます。

 

満足度99.1%!コスパ業界最高クラスの英会話教室【イングリッシュ・ビレッジ】

 

他人や自分を比較する

 

先程の、自身の個性が発揮できないという部分にも共通していますが、日本人は自身や他人を比較し、容姿や収入、学歴などを異常に気にする傾向があります。例えば、日本や韓国は学歴社会と言われていますが、北欧などヨーロッパ諸国では学歴が就職にあまり影響しません。他人と比較したり、比較されながら生きることは大きなストレスになりやすく、自己肯定が低くなるほど精神疾患にもかかりやすくなります。

 

今回はこういったいくつかの日本人的常識を覆す、明日から使える「ヒント」を世界一幸せな国が多い北欧の生き方やライフスタイルに沿って、皆さんにご紹介したいと思います。

 

 

絶望から抜け出す事は出来る

 

とは言っても、得体の知れない者に説明されたところであまり参考にできないと思います。なので私のお話を簡単にご紹介したいと思います。

 

私は日本とロシアのミックスですが、人生のほとんどの時間を日本で過ごしてきました。以前他の記事やブログでも少し触れたことがありますが、数年前まで酷いうつ病に悩まされていました。原因は自身のルーツによる問題や、性的暴行を受けた事で、10代後半からうつ病になり、その後以前交際していた人にお金を盗まれたりしたことで悪化していきました。

 

うつ病には波があり、少し回復したかと思えばまた戻ってしまったり、を繰り返しており、一番深刻な鬱になったのは3~4年前で、当時私は妊娠したのですが、相手に逃げられたうえに流産してしまった事が大きな引き金となりました。

 

周囲との人間関係が上手く築けない、お金がない、仕事がない、希望がない、とふさぎ込んでいき、気が付けば精神病院に入院していました。当時の私の頭の中は絶望感しかなく、生きるのを完全に諦めていたのです。

 

 

それまでの私は、他人に言われた発言を一つ一つ気にしてしまい、自己否定に走る傾向がありました。そんな絶望期を乗り越えたのは家族のサポートや素晴らしい人たちとの出会い、さまざまな本を読むことと、そして「世界を知ること」でした。

 

本を読むことと、世界を知ることは私にとって大きな転機となりました。今までの自分の中にあった常識やルール、根本的な考え方を完全に覆されたのです。世の中にはいろんな考え方、生き方や文化があるのだなと知ったことで、心に余裕が生まれ、他人を気にせずに自分のペースで自分なりに生きていくことに辿り着けました。

 

 

私が特に影響を受けた国イタリアについてはこちらの記事でもご紹介しています。

 

参考 イタリア人のように陽気に人生を楽しむ方法とは?Nostalgic New World

 

私がWEBサイトを始めた理由の一つとしては、現在絶望を感じている皆さんに少しでも希望を見出してほしいと思いがありました。世界のさまざまな国々のそれぞれの生き方やライフスタイルを知る事で、日本の社会がこの世の全てではない事を知って欲しいと思っています。

 

そして今回ご紹介するのが北欧。以前ご紹介した国イタリアとはまた少し違う個性的な社会が北欧にはあります。この複雑な現代社会のなかで多くの国民が「今、私は幸せだ」と自信を持って言える北欧の人々の生活背景を探ってみましょう。

 

世界一幸せな北欧諸国から学ぶ幸福のヒント

 

先ほどご紹介した幸福度ランキングでは北欧の国、スウェーデン、アイスランド、ノルウェー、デンマークそしてフィンランドの5カ国がTOP10にランクインしています。記事内では、

 

 

 労働時間が短く、残業がない。

 税金は高いが、医療費、教育費、出産費用などの保障が手厚い。

 子供の自立や、国民のそれぞれの個性を尊重する社会。

 物に固執しない。目の前の時間や生活を大事にする。

 家族や家で過ごす時間、自然と触れ合う時間を重視している。

 

 

という事を幸せの理由として記載しました。今回はここからさらに追及し、社会保障制度など自分達では変えられない点を除き、日本の皆さんが幸せに生きるために「取り入れる事ができるポイント」をご紹介していきます。

 

仕事のために生きるのはやめよう

 

最近日本では働き方改革によって、以前よりも残業などが軽減されつつあります。しかし職種によってはまだまだ改善されていないのが現状です。これは北欧のみではなく日本以外の多くの国で言えることですが、土日はほとんどのお店が閉まります。平日でも営業時間は短く、日本のように24時間営業しているようなコンビニエンスストアなどはあまりありません。

 

さらに北欧やヨーロッパ諸国の一部では学歴は重視されず、新卒採用や中途採用という概念がありません。日本の場合は「大学受験→就職活動→定年までの労働」という決められたレールが一般的ですが、北欧では30歳や40歳になって大学へ進学をしたり、海外留学する人もたくさんいます。何歳になっても新しい職場へ就職することが安易で、大学の学費は無料なので、「新しい事を始めたい」という理由で大人になってからも大学へ入ることもできます。

 

 

日本は「継続することが立派」とされる風潮があるため、新しい事への挑戦には他の国に比べて比較的ハードルが上がります。しかし、もし今の仕事が好きではない、プライベートの時間も確保できずに辛い思いをしている、というのであればいっその事、転職や留学、大学受験をしてみるのも一つの手です。

 

他人にどう思われるか、他人にどう評価されるかという事ではなく、まずはシンプルに自分がどうしたいか、何が好きなのかを優先して考えてみましょう。

 

その後には金銭の事や、年齢、家族の意見などさまざまな言い訳が頭に思い浮かぶかもしれませんが、そんな言い訳を切り捨てて「シンプル」に考えることが北欧流です。思い詰めて自殺を選んでしまうくらいならば、その勇気を他の方向へ向けてみませんか?

 

日本最大級の留学総合サイト【School With】

 

自分の個性を尊重しよう

 

「自分には個性もないし、なんの特技もなければ取り柄もないし・・」という発言をする日本人がたくさん居ます。このような発言は日本人以外あまりしません。

 

これは自己肯定の低さから来る発言ですが、そもそもなぜ自己肯定が低くなるのかというと「他人と自分を比較する」ためです。まずはその考えを取り除く必要があります。難しいように思うかもしれませんが、それは皆さんが思っているよりもとても簡単な事です。

 

 

全ての人にとって「自分」は特別な存在です。自分にとって自分自身は「個性的でユニークな存在」です。それを認めてあげるだけでいいのです。

 

北欧では幼いころから「個性を尊重する教育」が重視されています。世界の多くの国では「自分の意見を人に伝えること」や「子供が自立すること」が大事とされており、この点が日本と他国では大きく異なる部分の一つです。自分の感情を押し殺す日本社会では人々が上手く自分の感情をコントロールできなくなってしまっています。

 

日本も北欧のように「個性を尊重する教育」を取り入れることができれば、いじめに発展するような考え方を自然と取り除く事ができるのではないかもしれません。日本の子どもたちが世界にはいろんな人種、考え方、宗教や文化がある事を学び、他人を尊重する生き方を早い段階で学ぶことができれば、大人になってからも柔軟性を持って生きられることでしょう。

 

まずは今皆さんができる事としては、他人の評価など気にせず自身の個性を認めることです。そして自分を表現する方法を探してみましょう。この世に個性的ではない人なんて居ないのですから、自信を持ちましょう。

 

 

「今」を大事にしよう

 

過去の出来事に囚われていたり、将来こうなりたいなど未来の事ばかり想像してはいませんか?もちろん過去も未来も大事ですが、一番重要なのは「現在」です。

 

今は辛いけどこの先良くなるはず・・と期待しながら嫌いな仕事を続けたり、ストレスとなる人間関係を続けたり、そんな我慢は必要ありません。「いつか良くなる」という保障はどこにありますか?

 

デンマークでは「Hygge(ヒュッゲ)」というコンセプトがあります。心地良くくつろげる時間や、そんな時間を作り出すことによって生まれる満足感や充実感を指すこの言葉。この「Hygge」を生活に取り入れることでデンマークの人々は毎日の生活を楽しんでいます。皆さんもこれを機に「今」という時間の在り方をもう一度考えてみましょう。

 

 

完璧主義をやめよう

 

前述したように日本人は完璧主義で、他人にも自分にも厳しい人がとても多いです。1分1秒を争う日本社会で、数分の電車遅延に腹を立てる人も少なくありません。しかし人生には予期しないことがたくさん起こるものです。もう少し肩の力を抜いて気ままに生きてみることも必要です。

 

あまり事細かにプラン立てせず、様々な世界の国々を訪れることなどで視野を広げてみましょう。この世界は多くの人と共存しているんだということを理解すれば、他人や自分に対し「完璧」を求めることもなくなっていきます。

 

旅行・出張・帰省などに便利!skyticket.jpで最安航空券をすぐに検索♪

 

スウェーデンを代表する言葉「Lagom(ラーゴム)」。日本語では「多すぎず少なすぎず、ちょうど良い」という意味で、完全ではなく適度がいいというまさにスウェーデン人の生き方を表しています。完璧主義でストレスを感じている皆さんはこれから「Lagom」の精神を少しずつ意識してみましょう。

 

自然と触れ合おう

 

そんな単純な事なの・・?と思うかもしれませんが、疲れを感じている時は家に一日中こもるのではなく、思い切って自然と触れ合うことができる場所へ足を運んでみましょう。

 

風や木々の香り、水の冷たさなど身体全体で感じることで心身ともにリラックスすることができます。ヨーロッパでは休日にはハイキングやピクニックに出かける人がたくさんいます。日本の東京のような都会では自然と触れ合う機会が減ってしまいますが、積極的に行動してみましょう。

 

家族と家を大切にしよう

 

北欧の人々は基本的に「家族」との時間や「家」にいる時間をとても大切にしています。毎日ディナーは家族が揃ってご飯を食べ、クリスマスは恋人や友人ではなく家族とすごします。

 

 

最近日本でも北欧の家具や雑貨が流行っているように、「家」を大切にする北欧ではインテリアにこだわりを持っている人も多く、家族と過ごす大事な「家」を居心地の良い空間にすることを意識しています。

 

生活スタイルが不規則な日本では、家族がいっしょにご飯を食べないことも多くなっています。さらに日本では「家族を大事にするのは恥ずかしい」という少し変わった風潮があります。

 

でもあなたが本当に家族を大事に思うのならば、その「恥ずかしい」という感覚を脱ぎ捨ててください。友人や知人に家族を大切にしている姿を馬鹿にされたとすれば、彼らはあなたにとって良い存在ではないかもしれません。他人の意見など気にせず、本当に大切にしたいと思う人との時間を大切にしましょう。

 

ジャルパックで行く高品質のヨーロッパツアー

 

ゆっくりと焦らずに

 

さてこれで皆さんも北欧の幸せの「ヒント」を得る事ができましたが、これで満足してはいけません。これを機にゆっくりと行動を起こしてみましょう。もしあなたが今とても辛い状況にいるのならば、少しずつでもポジティブなモチベーションに変化させていきましょう。人生は長いので慌てる必要はありません。大事なのは、その向上心をいつも忘れないことです。

 

あまり深く考えることをやめて、自分の人生を楽しもうと心がけていれば自ずと身に着くことばかりです。「Lagom」の精神で自分のペースを掴んでいきましょう。私も時間をかけて乗り越えたからこそ今があります。皆さんもあまり焦らずに、ゆっくりと自分の道を見つけていきましょう。

 

 

旅行・出張・帰省などに便利!skyticket.jpで最安航空券をすぐに検索♪