1/21新着:【フランス留学】波乱万丈!世界一おしゃれな街でフラワー留学

【ニュージーランド留学】自然がいっぱい!オークランドで貴重体験

– Today’s writer –

 

名前/住まい

花野つくし(25) /日本 関西

どこの国・都市へ留学しましたか?

ニュージーランド オークランド

留学していた時期は? 

2014年7月~2015年7月

 

留学を決めたきっかけとその国を選んだ理由は?

 

大学卒業と同時に英語に興味をもち、現地で英語を学びたいと思ったのが留学のきっかけでした。ニュージーランドを選んだ理由は、なんといっても治安のよさです。 留学するまで独り暮らしの経験もなかった私には、やはり海外留学の不安がとても大きかったので、当時ランキングが掲載されていたサイトを目にし、日本よりも治安がいいという情報でニュージーランドへの留学を決めました!

 

 

ニュージーランドと日本との間での大きな違いは?文化や習慣の面で驚いた点は?

 

ニュージーランドは人口よりも羊の数が多いと言われているだけあって、都市部を離れると、自然が広がっているのが印象的です。実際、ニュージーランドへの留学理由に「治安」「自然の豊か」なところをあげる方も多くいました!あとは、乳製品やワイン、フルーツのキウイは特に有名で、食品の物価は日本よりも高いことが多いのですが、その分本当に美味しくて、生でキャベツを食べた時の美味しさは今でも覚えています。

 

物価が高いぶん、時給も高く、当時の最低時給が、日本円で【約1400円】でした。ですので、ワーキングホリデーや、労働可能なビザで仕事をすれば、生活もそれほど大変ではなくなると思います。他に、留学中驚いたのは、オークランドではクリスマスや年越しなどの大きなイベント以外にも、さまざまなイベントが定期的に開催されており、その度に街中に人が集まり、パレードの用なことも行われていることが多いのですが、イベントが終了した翌日には、街がとても綺麗になっていることです!日頃から清掃の方を目にすることはあったのですが、人が集まる都市部にも関わらず、そういった働きで綺麗な街が保たれていることにとても感心しました。

 

 

多国籍の国としても知られているニュージーランドでは、アジア人がすごく多い印象も受けます!私が留学していたのがオークランドの主要都市ということもあり、道を歩いていると日本語が聞こえてくることもまれではありませんでした。ニュージーランドにいながら、ニュージーランド出身の人を見つける方が難しいくらいでした。そういったこともあり、都市部には日本料理も多く、いわゆる居酒屋や、日本食レストラン、特にラーメン屋は本当に多く、先ほど食の新鮮さに少し触れましたが、味もすごく美味しいです!

 

少しマイナス?なことで印象があったことはオークランドの街には、いわゆる”ホームレス”が日常的にいます。ただ、日本で私が見かけるホームレスのイメージとは違い、陽気で、道端で楽しんでいる人が多いです。もともと日本で、都会よりに住んでいたこともあり、都市部のオークランドに慣れるのには、それほど時間はかかりませんでした!

 

 

渡航先の町で見つけたおすすめの穴場スポットは?

 

ニュージーランドはアイスも人気で、私が一番好きでよく行っていたのは「Giapo」というアイスクリーム屋さんです。日本では今インスタ映えという言葉が流行っていますが、ここのお店は、味はもちろんのこと、見た目のインパクトがとにかくすごいです!!可愛いものから面白いもの、きれいで美味しそうな商品がたくさんあり、何度行っても飽きません♪変わったフレーバーも楽しめ、とにかく美味しいので是非一度行ってみてください!

 

参考 Giapo公式WEBサイト

 

“インパクト”繋がりでもうひとつ紹介したいのが、「The Shelf」というカフェです。私は、コーヒーや紅茶が苦手なのですが、ニュージーランドは日本と違ってチョコレートドリンクがほぼ100%カフェのメニューに載っています。そして、ここのホットチョコレートには、チョコレートドリンクに、チョコレートバーが入っていて、さらに、一緒にチョコレートソースまでついてきます!チョコをチョコで混ぜるという発想が印象深く、味もとても美味しかったことを覚えています。

 

 

滞在先の環境面は?どんな所に住んでいたの?

 

私の留学中は、ホームステイ先への滞在と、自分で部屋を探してシェアをしながらの生活と、バックパッカーでの生活、の、三つの生活環境でした。まず、ホームステイ先は留学エージェントの紹介で決まった、ニュージーランド出身のファミリーとの生活が最初でした。部屋はちゃんと個室が用意されていて、収納スペースや大きなベッド、Wi-Fiの環境もしっかりされている家庭でした。平日は仕事や学校に行き、毎週日曜日には、ビーチや買い物に連れていってくれたり、ファームへ行き動物達と触れあったり、出掛けなかった日は無かったです。

 

ご飯は、朝はシリアルやパンが基本で、昼食は学校があるので、私は自分でサンドイッチを作って持っていっていました。夜は、ホストファミリーが作ってくれます。苦手な料理が出てきたさいは、ホストマザーに伝えればそれに合わせて料理を作ってくれることもあり、食事の上でストレスになることはあまりありませんでした。到着当日には、家から学校までの行き方や、バスの乗り方まで丁寧に教えてくれてとても助かりました。

 

しかし、英語も不馴れでコミュニケーションをとることには、ほんとうに苦労し、あまり長時間会話ができなかったのを覚えています。なので、自分の伝えたいことや、聞きたいことなど、事前にいくつか覚えておくのもいいのではないでしょうか?

 

世界32カ国から探せる語学留学予約サイトSchool With

 

 

ホームステイが終わると、次は自分で部屋探しを始めます。平均の家賃が約NZ$150~NZ$200/週でそれにプラス「Bond」といって、日本でいう「敷金」のようなものを最初に払う所がほとんどです。時期や、予算に余裕のあるかたは早く決められるかと思いますが、都市部で安いシェアハウスを見つけるのにはなかなか時間がかかることもありますので、時間に余裕をもって、こまめにサイトをチェックすることをおすすめします!

 

シェアハウスは、この金額に、いわゆる「水道代・光熱費・インターネット」が含まれていることが多く、たまに、インターネットに制限があったり、上限以上は個別負担といったところもあるので、部屋の見学の際に何が含まれているのか聞いておくのも重要になってきます。私が利用したサイトが日本人向けのものだったこともあり、一緒に住んでいた人も日本人ばかりだったので特に困ったことはありませんでした。

 

 

最後に、バックパッカーでの生活についてです。バックパッカーの一番の魅力はやはり、多国籍の人が集まるという点です。いろんな言語が飛び交い、様々な国籍の人たちと仲良くなることもでき、自分の語学の上達にもつながります!部屋の特徴としては、一人部屋~私のいたところは多くて8人部屋があり、長期旅行の人や私のようにワーキングホリデーに来ている人、短期の旅行者など、多国籍の人が集まっています。女性専用の部屋を設けているバックパッカーも多くあるので、私のように女性一人での利用も不安なく利用できました。

 

お風呂やトイレ、キッチンなどはシェアとなっており、そこは、男女別れていないので、自分の好きなタイミングでの利用ができないことがあります。また、お風呂の利用時間によってはお湯がなかなかでないということもしばしばでした…。シェアという点で衛生面が気になるかたも多いと思いますが、どのバックパッカーも、基本清掃の時間があり、私の泊まっていたところでは、朝と夜にバスルームとキッチンの清掃と、各週決まった曜日に部屋の掃除をしてくれます。布団のシーツなども、自分の好きなタイミングで変えてもらうことができました。

 

この清掃は、バックパッカーに住んでいる人達が行っているもので、クリーニング業をする代わりに、宿泊代がただになるというところが多く、これも、バックパッカーの魅力の1つだと思います。人手が足りていないところだと、自分から希望すればすぐに始められるところもあります!ただし注意なのが、その際部屋は決まったところに移動になる場合が多く、複数人や、男女混合の部屋でも気にならない方にはおすすめです!

 

 

「オークランド」はどんな街?

 

オークランドは日本で言う「東京」や「大阪」のような大都会というイメージです。少し歩けば高級なブランドショップもあり、レストランやカフェ、クラブやバーなどもたくさんあります。初めての海外旅行でも、日本食に困ることもなく、都会に住み慣れている人には、少し物足りないくらいかもしれません。それでも、空気はとってもきれいで、近くに海もあり、治安もよく、初めての海外が、オークランドという場所で本当によかったなと思います。

 

あと、とにかく坂が多いです!街を走るバスもあるのですが、道が混んでいるときは歩いた方が早いことも多いので、履き慣れた靴で行くことをおすすめします。

 

オーストラリア・ニュージーランドへ!ジャルパック

 

留学の感想&読者の皆さまへアドバイス!

 

ニュージーランドは日本と同じ島国で、四季もあり、水も美味しく、水道水は日本より美味しいのではないかな?と思うくらいです。新鮮な食べ物も多く、バンジージャンプ発祥の国としても知られているだけあって、自然豊かでアクティビティも多く、魅力をあげるとほんとにとまりません。ただ、紫外線は日本の7倍と言われているので、紫外線対策は必須です!!

 

 

また、ニュージーランドは有名なカフェも多く、バリスタの技術が高いです。語学に加え、バリスタの資格を取りにニュージーランドに来る人も沢山います。気候が日本とほとんど変わらないというのも、生活しやすい魅力の一つです!観光スポットも多く、短期~長期まで楽しめる素敵な場所なので是非遊びに行ってみてください!!

 

【ニュージーランド航空公式】公式サイトなら最安価格保証