1/21新着:【フランス留学】波乱万丈!世界一おしゃれな街でフラワー留学

プチプラから高級品まで!イタリアのおすすめチョコレートBEST3

イタリアチョコレートの魅力とは

 

今回は皆さんに、小さな食料品店で買えるプチプラチョコレートから駅や高級デパートでしか買えない高級チョコレートまで、イタリアチョコレートの魅力をお伝えします。私が実際にイタリアで撮影した写真や、それぞれのチョコレートのディテールを存分にお届けします!

 

イタリアのチョコレートは日本に比べて味の種類が豊富で、濃厚な味のものが多いです。プチプラ商品でもパッケージがおしゃれなものが多く、お土産にも喜んでもらえること間違いなしです。

 

 

イタリア旅行のお土産の参考としても、そしてイタリアへはすぐには行けないという方にも一部の商品はオンラインストアからも購入できるのでぜひお試しください!

 

まずは世界でも有名な王道のあのチョコレートからご紹介・・!

 

 

1. 世界一有名な王道チョコレート「Ferrero Rocher(フェレロロシェ)」

 

世界で最も知名度もあり、人気のあるチョコレートといえば「Ferrero」。1946年イタリア北部ピエモンテ州のアルバで創業したFerreroはあの「ヌテラ」の会社としても有名です。

 

ゴールドのパッケージが目を引く、ちょっぴり高価なチョコレートは日本でも時々スーパーやコンビニなどでも見かけることができます。実はあのチョコレートはイタリアのチョコレートなのです。

 

 

最も有名な商品「Ferrero Rocher(フェレロロシェ)」は上品なチョコレートと香ばしいクラッシュヘーゼルナッツのウエハースの中に、ヘーゼルナッツ1粒とココアヘーゼルナッツクリームが入った、大人の味わいが楽しめるチョコレートです。

 

参考 Ferrero公式WEBサイト

 

今回私たちがイタリアで家族へ購入したお土産がFerreroコレクションです。ロシェは日本でもよく見かけますが、これに加えてビターなロンノアールとココナッツのラファエロの3種が入ったものを購入しました。他2種はすこし珍しいものだったのでお土産の一つにしました。イタリアらしくパッケージもそれぞれおしゃれで特別感があります。

 

ロンノアールはほろ苦くビターな味わいで大人な仕様のブラウンのパッケージ、ホワイトが可愛らしいラファエロはココナッツ好きにはたまらない商品です。美味しいうえにパッケージもおしゃれ!と大好評でした。クリスマスシーズンにもよく溶け込む、高級感あふれるチョコレートです。

 

2. イタリアへ行ったら必ず行きたい「Venchi(ヴェンキ)」

 

イタリアで有名な高級チョコレートといえば「Venchi(ヴェンキ)」。1878年イタリアのトリノで創業された歴史あるチョコレートです。ローマやナポリにも店舗がありますが、主に北イタリアに多く店舗が存在します。

 

今回私はVenchi創業都市のトリノの駅でチョコレートを購入しました。私たちが滞在していたのがまさにトリノ周辺だったので、トリノやミラノの空港など数回Venchiのお店を目撃しました。店内は甘くていい香りが広がります。

 

参考 Venchi公式WEBサイト

 

私はVenchiのチョコレートをはじめて食べましたが、今まで訪れたチョコレートのお店の中でも一番お気に入りのお店となりました。イタリアへこれから行かれるというチョコレート好きの皆さんには、ぜひ必ず行ってください!皆さんがVenchiを気に入ること間違いありません。

 

一つ売りもしているので大きいギフトを買う前に一つ味見をしてみたいな、なんてときにはそちらをトライしてみましょう。私が個人的に一番好きな味はピスタチオのミニチョコレートです。Venchiだけではなくイタリアにはピスタチオの商品がとても多いので、ピスタチオ好きの私にはまるで天国でした。

 

 

そしてVenchiの魅力といえば公式WEBサイトからもわかるように、パッケージも可愛らしいことです。今回私がお土産に購入したのがこちらのラインナップ。

 

 

おとぎ話の絵本のような世界が広がっています。

 

 

ちなみにこちらの中のグリーンのチョコレートがピスタチオ味です。蓋を開けた中までおしゃれな世界が広がっています。

 

 

紙袋まで可愛く、チョコレートの入っていた入れ物の一つを職場で小物入れとして使用しています。缶のタイプなのでとても使いやすいです。美味しいうえに、食べた後まで可愛く使えるのは一石二鳥です。ぜひイタリアに行った際は店舗を探してみましょう!

 

 

3. 大人から子供まで全世代に愛される「Kinder(キンダー)」

 

そして最後は、皆大好きKinder(キンダー)です。Kinderは、1でも登場した「Ferrero」が製造する菓子製品ブランドです。ミケーレフェレロによって作成されたKinderは、1968年にイタリア市場向けに販売を開始しました。

 

参考 Kinder公式WEBサイト

 

実は以前、別のサイトでもKinder製品を紹介したことがあります。しかし今回無類のKinder好きとして名を恥じぬよう、イタリアでは大量のKinder製品をトライしました!最後に、そんなチョコレート天国を与えてくれたKinderの製品達をご紹介したいと思います。

 

3-1 「Kinder Brioss(キンダーブリオス)」

 

 

Kinder Briossは柔らかいスポンジケーキで、朝食にミルクとの相性がぴったりです。Kinderはチョコレートだけではなくスポンジケーキも販売しています。

 

1パック10本も入っているので2人家族でも1週間分ほどあります。ココアや桃、チョコなど味の種類は豊富ですが、今回私が毎朝食べていたのがスタンダードのミルク味です。シンプルですが栄養価が高く、ほどよい甘さです。

 

3-2 「Kinder Pingui(キンダーピングイ)」

 

 

ペンギンの絵が可愛いKinder Pinguiは、どこのストアでもほかのKinderチョコレートとは別の売り場にあります。通常チョコレートはお菓子コーナーにありますが、Kinder Penguiは要冷蔵なので、冷やされて販売されています。

 

基本的には4本1セットで販売していて、チョコレートでコーディングされた柔らかい冷えたマシュマロのようなスポンジの中にさらにチョコレートがはいっています。日本にある「エンゼルパイ」のような商品に近いです。ですが、kinder Penguiのほうがおいしいですよ。

 

予想ですが、商品名はこのチョコレートを一口かんだ後の形(パッケージの形)がペンギンに似ているからpinguiなのかな?と思っています。

 

数あるKinder商品のなかでも個人的にかなりお気に入り&おすすめ商品なので、ぜひイタリアに行った際はさがしてみてください!ほかの商品とは違い、お土産として持ってこれないのでイタリアの地で味わっていただければと思います。

 

 

3-3 「Kinder Schoko Bons(キンダーチョコボンズ)」

 

 

カリカリのヘーゼルナッツが入って一口サイズが食べやすいKinder Schoko Bonsは軽いので持ち運びにも便利です。少し小腹が空いたときについ食べたくなるのがチョコレート。長旅にはマストな商品でした。ヘビーで濃厚なチョコレートが苦手な人にはおすすめです。日本の皆さんが好きそうなチョコレートです。

 

3-4 「Kinder Cereali(キンダーシリアル)」

 

 

軽い味わいでミルクの中にシリアルが含まれているチョコレートバーKinder Cereali。1個はカードサイズよりも小さいくらいのミニマムなチョコレートですが、6個セットの特大サイズもあります。

 

味に癖がないのでとても食べやすく、シリアルもずっしりしていないので一度に何個も食べれそうなほどでした。こちらもスタンダードな日本のチョコレートが好きな皆さんにはおすすめのチョコレートです。

 

3-5 「Kinder Bueno White(キンダーブエノホワイト)」

 

 

なんと言っても最後はやはりKinder Buenoシリーズです。先ほど紹介した別記事でもKinder Buenoについて書きましたが、今回おすすめするのは「Kinder Bueno White」です!

 

今まで私はプチプラチョコレートの最高峰はKinder Buenoであると信じていましたが、今回こちらのBueno Whiteを食し、レコードは塗り替えられました・・。クリーミーなホワイトチョコレートの濃厚さとヘーゼルナッツの歯ごたえ、チョコレートの外側はカリカリのココアメレンゲのパン粉で覆われていて、サクサク感となめらかなチョコレートのコラボレーションが最高に美味しいです。

 

世界中のどんなプチプラチョコレートもKinder Buenoシリーズの軌跡を超えることはできないと私は確信しています・・!以前は日本の成城石井などKinder Buenoを見かけていたのですが、最近なぜか見かけることがなくなりました。こんなに美味しいのになぜ・・!

 

その背景として、日本ではKinderがあまりに無名すぎるのかもしれません。それとは引き換えにイタリアではTVをつけていたらかなりの頻度で様々なKinder商品のコマーシャルが流れます。それほどイタリア人にとってKinderは身近で愛着のあるブランドなのです。ぜひkinder製品でイタリア気分を味わってみてはいかがでしょうか?

 

 

あとがき

 

今回はイタリアで最も有名なチョコレート「Ferrero(フェレロ)」「Venchi(ヴェンキ)」「Kinder(キンダー)」をご紹介しました。気になるチョコレートは見つけられましたか?ぜひ沢山食べて幸せ気分を味わってみてくださいね。

 

他にもイタリアには美味しいチョコレートがたくさんあるので、今度は別のチョコレートも紹介いたします!さらに来年はピザ、パスタ、コーヒーなどイタリアンな食事やスイーツもたくさんご紹介できればいいなと思います。次回更新もお楽しみに!

 

 

旅行・出張・帰省などに便利!skyticket.jpで最安航空券をすぐに検索♪